ブログ

━ ミニの壺

MINIって壊れる?

2013.07.31. Categories: ミニの壺

アタリマエ!

10年も乗ってれば国産だって壊れるさw

MINI誕生から半世紀以上…今後どぉ~ヤって維持するかが重要だろ

問題はメカニックとユーザー様が弱点を認識して最善策を練れるか否かだな

 

欠点まで愛せたら本物だよね(o´∀`)b

このブログが少しでもMINIを延命できる参考になれば幸いかな♡

MINIは鉱物油が大好物~…m(_ _)m

2013.08.7. Categories: ミニの壺

MINIが設計された当時は化学合成OILなんて一般的ぢゃなかった

てか…存在してたか?

 

鉱物OIL前提に開発されたエンジンに100%化学合成OILをブチ込むなんて…

ましてやミッションやデフも共有するMINIに入れないでしょ?普通

 

でもシンセティックの方が優れていると刷り込まれた日本人は入れちゃうんだな~

コレが…(ノД`)

 

オイルの詳しい説明は後程ね♪

MINI購入時の注意点

2013.08.12. Categories: ミニの壺

Miniが欲しいと思っても…やはり不安だよね

アドバイスが欲しくて2chに行くと『ググれカス!』とか返す糞野郎も居る

Mini乗りって…こんな人達ばかりなの? とか思わないでねσ(^_^;

 

先ずは何軒かの専門Shopで話を聞いてみよう

ボッタクる店もある 愛想の悪い店もある 敷居が高いと感じる事も…

でもメゲずに足を運ぼう!

自信を持って作業場を見せてくれる何処は信用度が高いよ

他のお客さんに声を掛けて情報を得るのも良いし イベントを観に行くのもテだね

とにかく自分に合ったShop選びが大切

☆Miniと付き合うと云う事はShopとも付き合わなきゃならんと云う事だからね☆

(o´∀`)b

お店側も自分の所で売った車は愛着があるもんさッ

 

一番マズいのは其処ら辺の中古車屋の安い車に飛び付いてしまう事

どんなに新しい車体でも20年選手の外車って事を忘れないで

綺麗に見えても後からプラス50万~と思った方が良い

乗れないのに金だけ消えてくのはツライから気をつけて(;^_^A

 

素敵な相棒と出逢えることを祈ってます♡

Miniのホイール増し締め

2013.08.14. Categories: ミニの壺

よくオートバックスとかでタイヤ交換してハブボルト折られちゃう事あるよね

締め付けトルクとか質問されるけど… 実際知らないw

今まで全て手の感覚で締めてきた

多分どこのShopさんでも同じだと思う

 

なので自分の感覚で締め付けたトルクを測定してみた

結果→35Nm強

案外低い数値に自分でもビックリ

( @σ_@)

これ以上はボルトの伸びる感覚があり恐い…

どんなに強く締めても40Nmが限界かも

 

伸びきったボルトに衝撃を加えると一気に断裂する

締め過ぎも注意が必要!

 

ホイールのディスク当たり面には薄くテーパーが付けられていてホイール自体がスプリングワッシャーと同じ働きをする

だから少し締め付けが弱くても緩む事はない筈

定期的な増し締めは必要だけどね♡

オートマ注意報

2013.08.20. Categories: ミニの壺

1998年にバイクのOILが見直された

【JASO T903 参照】

 

知ってる事と思うが…

Miniはバイクと同じくエンジンとミッションを同じOILで潤滑している

特にオートマミッションには湿式のクラッチやバンドが使用されている点はバイクと似ているね

 

一般的に市販されている自動車用エンジンOILには摩擦調整剤が入っている

摩擦調整剤〔Friction modifier〕とは摩擦を低減させる添加剤のこと

バイクの場合この添加剤により湿式多板式クラッチが滑り傷んでしまうので二輪用OILには入っていない

当然ATFにも入ってないよ!

Miniのオートマにも同じ事が言える筈だよねぇ?

 

バイク用のOILを使用するテもあるが値段が…

粘度が低く油圧が下がれば作動不良で更なるトラブルに至る事も…

 

摩擦調整剤は鉱物油にも添加されている場合があるので注意が必要だ

判別方法は容器に印刷されたAPI規格の印で確認できる

◎⇦ドーナツマークの上半分にAPI SERVICE SMと記入された印

此の下半分にENERGY CONSERVINGと記載かあったらアウト!

下半分が空白の物をチョイスしようね

( ^σ_^)b

Energyconserving

 

全国のSpecial Shopの皆さん大丈夫かな?

ミッション自体を強化してもOILがダメなら無意味だよ♡

ボークリング

2013.09.10. Categories: ミニの壺

マニュアルトランスミッションの部品で肝心要がボークリングだね

 

摩擦でギアとギアを同調させる部品だから磨耗して当然… 磨耗しなけりゃ他がイカれる

これが限界に達するとシフトチェンジでガリガリ君状態

磨耗したまま使用し続けるとシンクロハブ自体やギヤを傷めてしまうので早めにオーバーホールで交換しないと高くつくよ

(((((゜゜;)

磨耗限界の判断はギア鳴りするかバラしてみないと分からない

OIL管理や乗り方次第で結構差がでるから走行距離での判断は難しい

シフトレバーに手を掛けたまま運転する癖のある人は要注意!

 

110611_1507

↑正常な状態ではボークリングとギヤの間に隙間ができる

隙間があっても内側が減るとOILが逃げずにシンクロメッシュの効果が薄れる

 

110611_1508

↑磨耗が進むとボークリングとギヤが接触する

内側のギザギザが磨耗すると此のような状態になるのだが…

希に新品のリングでもギヤと接触してしまう物がある

組み付けの際は必ず合わせて確認が必要だ

もし…ギヤと接触してたりクリアランスが狭いなら切削しても構わない

【物によって違うが0.7mm程度までとし切削後はハブの遊び量を確認すること】

 

Miniの新品部品は減り続けてる

精度の悪い製品も多い

いずれ此のパーツも自ら造る必要があるかも知れん…

その時は材質や形状を見直すわ

ε- (´ー`*)

一つの部品でも色んな角度から観て最善の方法を探ることが重要だね